運動不足は肥満の大敵

現代は文明の利器が発達しています。かつての交通手段の発達していなかった時代と比べる
と、自転車、ファミリーバイク、自動車、バス、電車と交通手段は実に便利になりました。

 

これらの交通手段を利用することで、人間の足はだいぶ軽くなったともいえます。ひたすら
歩くのに比べたら、疲労の度合は格段に違います。
しかし、この便利さが、かえって人を不健康にしているとなると、なんとも皮肉です。

 

サラリーマンの通勤一つをとっても、まるで歩かなくてすむような場合がたくさんありま
す。現代は運動不足になりがちなのです。
しかも運動不足に加えて高カロリー食をとっていれば太らないわけはありません。

 

現代人は、わざわざ肥満になるような生活をしているといってもいいすぎではありません。
いくら食生活に気を遣っていても、運動不足という大敵を目の前にしていては、その努力もむ
なしいものになってしまいます。

 

さて、肥満のメカニズムは、摂取エネルギーと消費エネルギーの収支バランスがポイントに
なるのですが、人間に自然に備わっている反応に、からだに必要なものが不足すると、これを
補給しようとするはたらきがあります。

 

エネルギー全体が不足すると、まずからだにたくわえられたエネルギーを消費します。エネ
ルギー貯蔵庫は皮下脂肪です。さらにエネルギーが不足すると食ヽ欲中枢が刺激され、空腹をう
ったえます。

 

しかし、皮下脂肪が十分にあってなお、毎回の食事を要求するのは、これとは別の系統の指
令によります。

 

からだが必要とする以上に、次から次へとエネルギーをとりこんで、いっこうに消費しなけ
れば、結果はもう明らかです。

 

そこで、エネルギーを消費するある程度の運動が必要になります。しかし、だからといって
からだに急激な変化を与えることは危険です。ジワッと汗をかくくらいの運動からはじめるの
が適切でしょう。

 

天然の口臭サプリメント